犬の自然治癒力や回復力に驚く!-頑張っている犬たちをご紹介-

こんにちは。佐々木彩子です。

11月でうちの愛犬
エンジェルが18歳になりました♪

誕生日の日には犬友達のママ達が来てくれた
こともあり2時間もお散歩しました!

歩くのが大分ゆっくりにはなりましたが
2時間歩ければ上出来!?
だと我が子ながら思います。

さて話は変わって
先日あるテレビ番組で四肢麻痺の
イングリッシュ・スプリンガースパニエルのコが
奇跡的な回復をするという話をやっていました。

変形した頚の骨が神経を圧迫して
四肢が麻痺してしまい
手術も不可能なのでかかりつけ病院
で安楽死をすすめられた飼い主さん。

何かできることはないかと
リハビリ専門病院に3ヶ月入院して
鍼治療とリハビリを行いました。

しかし足は全く動く気配はなく
退院させて自宅で根気良く毎日
車イスでリハビリをしていたようです。

しばらくたって
どうしても出かけなければならない用事が
でき再びリハビリクリニックに預けました。

お迎えに行くと
なんと立つこともできなかったコが歩いて
飼い主さんを出迎えるのです!

歩けるようになったのは
刺激を与え続けたことによって
患部を迂回して経絡が再生した
ためと考えられます。

動物が頑張っているのに
人が勝手に治療をあきらめてはいけない!
とあらためて痛感しました。

動物は驚くほどの自然治癒力を持っています。

鍼灸治療はそれを少し手助けしてあげるのです。

最近私も驚くほどの
回復力を見せてくれたコがいます。

charly-1

15歳のミニチュアダックスチャーリーくん。

7歳の時に
腰椎ヘルニアで後肢が麻痺
手術とリハビリで
なんとか歩けるようになるけれど
ぎこちない歩き方をしていました。

その後12歳の時には頸椎ヘルニアで
また立てなくなりました。

そして今年の9月
膵炎になり入院点滴をし
それが少し落ち着いてきたら

今度は頸椎ヘルニアが再発したのか
また立てなくなってしまいました。

呼吸も荒く
横になることも
眠ることもできない位の
痛みがあったようです
痛みはモルヒネパッチを使うほどでした。

年齢のこともあり
手術ではなく他の治療ができないかと
キュティアに来院されたのは
ほんの1ヶ月前のこと。

ここまでの激しい痛みを
どれほど改善できるか・・・・
と内心では思っていました。

鍼灸治療初日は
お灸をしていると少しウトウト・・・・

charly-2
(右膝のツボ陽陵泉(ようりょうせん)を使って
治療中。キュティアの鍼灸治療は一針法です)

そして2日後の治療では
痛みは少し改善し
立ち上がる力が出てきました。

そのまた5日後に往診すると
なんとモルヒネパッチを外しても夜も
ぐっすり眠れているというのです!

力の入らなかった前足にも
力が出てきて歩けるようになってきました。

その後は
治療間隔を1週間あけて2回行い
さらに間隔を2週間あけて

先日6回目の往診に伺った時には
外を歩けるようになるまでに
回復していました!

ヘルニアの手術を過去に受けていると
手術部位の経絡は寸断されてしまい
治療に使えなくなってしまうため

回復に時間がかかることが多いのですが
チャーリーくんは治療の反応がとても良く
本当に驚きました。

会う度に元気になっていて
とてもうれしいです。

現在は7歳の時に麻痺した
後ろ足の治療を行っています。

このように動物たちには
驚かされることがたくさんあります。

次回もがんばっているわんちゃんの
ご紹介をしたいと思います。

それではハッピードッグライフ♪

  • 獣医師コラムトップページへ