心の傷を負ったダックスの鍼灸治療


皆さま こんにちは♪
獣医師の佐々木彩子です。

ようやく酷暑も過ぎ
過ごしやすい気候になってきました

でも毎週のように発生する台風や
秋雨前線の影響で体調を崩している
コもみかけます。

特に今年の夏は暑かったので
体の正常な水分(陰)が消耗しています。

そこに秋の乾燥の邪が
入り始めているため
体が脱水のような状態になってい
コも多くいます。

そんな時にオススメな食材が梨です!
梨はみずみずしく
陰を補い体を潤してくれます。

まさに夏の終わりに食べて
秋に備えるのにぴったりな食材です。

飼い主さんもわんちゃんも
一緒に食べてくださいね。

さて
今回はもうすぐ18歳を迎える
ミニチュアダックスのチャッピーくん
の紹介です。

チャッピーくんは2年前
2歳年上の18歳のお兄ちゃん
ボニーくんが通院するのをきっかけに
一緒に通うようになりました。

8歳の時にヘルニアになり
手術を受けましたが
手術で取りきれていない所があり
違う病院で2週間後に再び手術。

しかしその1ヶ月後に
また突然動けなくなり
3回目の手術を受けたのです。

その後
プールなどのリハビリを頑張り
なんとか動けるようには
なってきましたが

疲れると
前足だけで歩いて
お尻は引きずって歩いていたそうです。

オシッコもポタポタと漏れてしまうので
オムツをつけていました。

今よりも足が
少しでも動くようになればと
チャッピーくんもボニーくんと
一緒に治療を始めました。

残念ながら
ボニーくんは大往生の末
昨年旅立ちました。

お兄ちゃんが大好きだった
チャッピーくん

さみしくてぬいぐるみに
くっついて寝ていたそうです。

その後しばらくして
食欲がなくなってしまいました。

血液検査をしてみると
3ヶ月前にはほぼ全ての数値が
正常だったのに
肝臓の数値がものすごく
高くなっていました。

そして腎臓の数値も少し上がり
甲状腺ホルモンはかなりの低値でした。

これらは全て心の傷からおきたものです。

ストレスは「肝」の調子を
悪くしてしまうのです。

これは大変!と
2週間に1回だった
鍼灸治療を週1回に増やし
皮下補液もおこない

マコモと肝臓のお薬
甲状腺のお薬を飲み始めました。

ごはんは毎日
日替わりで数種類用意して
気に入ったものがあれば少し食る
といった状況が約4ヶ月ほど続きました。

それだけ心の傷が癒えるのには
時間がかかるのです。

ですがお母さんの愛情と
チャッピーくんの頑張りもあり
徐々に食欲も戻って
肝臓の数値も下がりました。

毎週欠かさずに鍼灸治療と整体に
通って下さっているおかげです。

今はあの頃がウソのように
ものすごい食欲だそうです。

時々お母さんがお出かけするときには
デイケアにも来ます。

車イスも上手に乗りこなしていて
クリニック内を気ままにウロウロ。

後ろ足も頑張って動かしています。

もうすぐお兄ちゃんと同い年の18歳。

これからもチャッピーくんの
毎日が幸せでありますように☆

それではハッピードッグライフ♪

  • 獣医師コラムトップページへ