シニア犬の冬の温活はお灸で!

皆さま こんにちは♪
獣医師の横山恵理です。

今年はなかなか寒気団が
降りてこないとのことで
まだまだ過ごしやすい
気温が続いておりますが

暦の上では「寒露」
露が冷気によって凍り付きそう
になる季節を迎えています。

そんな冬に向かう今の季節から
「温活」を愛犬に取り入れることで

寒さに対応できるよう
身体を整えていきましょう。

「温活」にお勧めなのが
キュティアに来院した
シニア犬・老犬の飼い主さんに
必ずと言ってよいほど
お願いしているお家でのお灸です。

今回は
ホットパックや使い捨てカイロ
などではなく

お灸をお勧めする理由や種類
簡単な使い方について
ご紹介させていただきますね。

お灸に使う艾(モグサ)は
よもぎを乾燥させて
葉の裏に生えている絨毛を
精製したものです。

この絨毛にはチネオールという
揮発性の精油が含まれています。

火付きがよく
熱さも少ないため
お灸に最適な材料とされています。

また
よもぎは西洋・東洋問わず
身体を温め様々な症状に効果のある
ハーブとして使用されています。

東洋医学ではお灸は
熱とともに「氣」を身体に入れる
ことができると考えられており

実際ホットタオルや使い捨てカイロに
比べると

温かさの入る深さや
効果の持続性が格段に優れているため

代謝や筋肉が落ち
自分で発熱する力が
低下している病気や

シニア犬の子に
使用していただいています。

直接モグサをひねる
生姜にのせる
ほうろく灸

など様々な種類のお灸がありますが

今回はキュティアで
主におススメしている
3種類のお灸を紹介いたします。

1. 棒灸

【特徴】
艾をまとめて棒状にしたものです。
ツボの位置をあまり気にせず
手軽に使うことができます。

ただし煙が多いのが欠点です。
艾を炭にした無煙棒灸もあります。

【使用方法】
一端に火をつけ
身体から5cm程離して
かざして使用します。

まず肩甲骨の間を温めてから
背骨に沿って下に向かって
温めていき

最後は腰回りをしっかりと
温めて終わりです。

時間は小型犬で1~2分
大型犬で5分ほどを目安にします。

一日1~2回行うとよいでしょう。

2.長生灸

【特徴】
艾の塊の下に土台をつけた
よく知られているせんねん灸
と同じ台座灸の仲間です。

人間の背中と違い
犬の背中は丸みが強いので
せんねん灸等

台座に高さがあるものは途中で
落ちてしまうリスクが高いため
台座の薄い長生灸をお勧めしています。

【使用方法】
火をつけてツボにのせます。
台座の下にシールがついているので
身体に張り付けることができます。

火が消えた後
台座が手で触れるくらいまで
冷めたら外します。

ツボに使用するので
短時間でしっかりと効果を
出すことができます。

一番使いやすいのは
身体の側面の肋骨の終わりのライン
を背中に上がっていった
背骨の両側「腎兪(じんゆ)」
というツボです。

3. せんねん灸太陽

【特徴】
シールを剥がし
直接貼り付けて使う
火を使わないお灸です。

小型のカイロに
艾シートが入った構造に
なっています。

犬がじっとしていないなど
火を使うのが難しい場合や
忙しくゆっくり
お灸している時間がない時に便利です。   

【使用方法】
3~4時間はしっかりと温かいので
張り付けたままにして半日くらいは
使えます。

毛が長くせんねん灸太陽が
落ちてしまうコ

シングルコートで
低温やけどのリスクがあるコ
では洋服の上に張り付ける
とよいでしょう。

肩甲骨の間の
「身柱(しんちゅう)」や

身体の側面の肋骨の終わりのラインを
背中に上がっていった
背骨の上「命門(めいもん)」のツボ
に使うのがおススメです。

私はまる1日仕事の時は
必ずこの2か所に
太陽を貼っています

肩に余計な力が入らず
立ち仕事の負担も
大分軽減されるのです。

ちょっとしたことに思えますが
毎日太陽を腰に貼るだけで
3・4回発症していた膵炎が
全くでなくなったコもいるほど。

上手く取り入れると効果の高いお灸
ぜひ試してみてください。

これらのお灸は一般的なネット通販
などで購入できます。

それではハッピードッグライフ♪

  • 獣医師コラムトップページへ