創刊号 犬の体に必要な水分量の話

健やかなシニアドッグライフをおくるための
ヒントを一緒に考えていきましょう。

今年の夏は暑かったですね。
ようやく気温や湿度もすごしやすい陽気になりました。

夏にくらべると犬ちゃんも活発になり、
食欲も増えてホッとしているかたも多いと思います。

寒い冬に備えて体を整えてゆく
この時期に気をつけたいのが「水分」。

気温や湿度が下がると飲水の量は減ってきます。
特にシニア犬のコたちは、運動量が少なめなので
渇きの自覚も減ってきます。

犬ちゃんが1日に必要な水分量(ml)は体重(kg)の0.75乗×132。

うーーん・・・・・、ピンと来ませんね~。

体重2kgのコで約220ml、5kgで440ml、10kgで740mlくらいが目安でしょうか。

うちのテンコは7.2kgなので580mlでした。
これには食事に含まれる水分も含まれます。

ドライフードは約10%、
缶フードは約85%が水分なんですね。

基本的には犬ちゃん自身が充分な水を
いつでも自由に飲めるように用意しておくことです。

でも知らず知らずのうちに
脱水が進むこともありますから、
一度、1日に必要な飲み水の量を計量しておくと
健康管理の目安になると思います。

それではハッピードッグライフ☆

※水分量計算は皆さまのパソコンにエクセルが入っていたら簡単に計算できます。
(例)体重5kgのコの場合は「5」。体重の数字を「3ヶ所」に。
=SQRT(SQRT(5*5*5))*132
と、セルに入れてEnterしてみてください。

  • 獣医師コラムトップページへ