犬の年齢のお話いつからシニア期?

さて今回は「犬の年齢」のお話です。

「人間の年にすると〇歳!」とよく耳にしますね。
犬の高齢化が進み犬の年齢の換算法も
細かく考えられるようになりました。

小・中型犬は、
1年で人間の15歳、
2年で24歳、
3年目からは1年が人間の4歳分。

大型犬は、
1年で12歳、
2年目からは7歳分とします。

シニア犬の入り口、人間でいう還暦60歳でたとえると、
小・中型犬は約11歳大型犬は約8歳となります。

平均寿命も考えてみましょう。
犬種や飼育環境などにもよりますが、
小・中型犬では14~15歳、大型犬で約10歳。
つまり現在の犬の平均寿命は人間でいうと、
70歳代ということになります。

この数字をみるとまだまだ
犬ちゃんの平均寿命が伸びる気がしてきました^^。

とはいえ、
1年に4~7歳分の年を重ねてしまう犬ちゃんたち、
毎日を大切に過ごしていきたいですね。

それではハッピー!ドッグライフ。

  • 獣医師コラムトップページへ