犬の若さを保つ秘訣三か条-運動

犬の若さの秘訣三か条その2は『運動』です。

シニア期の犬ちゃんは4~5歳の犬ちゃんたちに比べ、
少しずつ筋力が落ちてきています。

そのため、若い頃と同じような激しい運動では
筋肉や関節に負担がかかってしまいます。

若さのための運動とは「適度な運動」となってきます。

「適度」、とはどの程度?

それは若いころどれくらい体をうごかしているか、
にもよります。

犬ちゃんの様子を見ながら行うほかありません。
ただあまり激しく方向転換をしたり、
段差のあるようなところでの運動は
関節を傷つけますので注意しましょう。

また体重の半分以上を前足で支えて
生活をしている犬ちゃんたちは、
年を重ねるごとに後ろ足の意識が薄くなってきます。

特に体の小さい犬ちゃんは抱っこが出来てしまうので、
知らず知らず後ろ足を弱らせる
お手伝いをしてしまうこともあります。

後ろ足を意識させるためには、
後ろ足にも体重がかかるような動きを取り入れます。

緩やかな上り坂や階段、起伏のある山道、砂利道など、
全身に体重移動があるような動きです。

いずれも転倒や、
すべるなどして怪我をすることがないように、
じゅうぶん犬ちゃんの様子を見て
取り入れてみてくださいね。

それではハッピー!ドッグライフ。

  • 獣医師コラムトップページへ